税理士法人池田総合会計事務所
相続税申告サービス

TOP > 業務内容 > 相続税申告サービス

■ 初めてなので、手続きの流れがよくわからない
■ 土地の評価を適正に行い、相続税を最小限に抑えたい
■ 相続税申告後の税務調査にも備えた対策を用意しておきたい
■ 遺産分割についての考え方をアドバイスしてもらいたい

 もしも、あなたが突然相続人になったら、何から始めればよいでしょうか?一生のうち何度もないことなので、分からない方が大半だと思います。

 相続の手続きは、単なる税の申告ではありません。「遺産の範囲」、「遺産の評価」、「遺産の分割」を適正に行い、将来をも見据えて、トラブルの芽をきちんと摘み取っておかなくてはなりません。その上で期日内に様々な手続きを済ませなくてはならないのです。

 当事務所では、被相続人名義の金融機関の口座の変更等に使われる「原戸籍」のとり方からスタートし、将来にわたって有利な遺産分割のお手伝い、相続税を最小限に抑えた申告書の作成、相続税の納税方法の選択、そして税務調査に至るまで担当社員が、その煩わしい手続を、ご一緒にサポートさせていただきます。

● 相続税申告手続きの主な内容

相続名義変更手続
預金・株式の名義変更、生命保険の請求、不動産登記、ゴルフ会員権、リゾート会員権の名義変更等、様々な手続が発生します。これを担当社員が、ご一緒にサポートさせていただきます。

財産把握
財産とは故人が残してきた人生の証です。それを丁寧になぞり把握していくことこそ、故人への弔いだと思っています。

遺産分割協議書の作成
相続人間での合意が成立すれば、遺産はどのように分割してもかまいません。相続人の合意に基づき「遺産分割協議書」を作成します。当事務所では「遺産分割協議書」は、故人の意志だけでなく各相続人の意志も反映し、かつ、将来にわたり節税となるような合理的な協議書の作成が必要だと考えています。

申告書作成
相続税申告書の作成のポイントは、土地の評価です。
土地の評価を最小限に抑えることが重要となります。
当事務所では、土地に関する専門家と協議しながら、税法に準拠した公正妥当な土地評価を実施しています。

納税
相続税の納税をもって、相続手続が完了することになります。相続税の納税は、その申告期限までに現金で納付することが基本です。しかし、実際には、手元に現金がなくて、納付が困難な場合も多々あります。その場合には分割納付をしたり、現金に代わる財産の提供で納税に代えることもできます。「納税」や「物納」と呼ばれ、申告期限までに税務署に申請書を提出する必要があります。

● スケジュール